toggle
家づくりの基礎知識/住まいる工務店
「家づくり」にあたり、どうしたらいいのか…
まず何から始めたらいいのか…
そんな疑問にお答えする、少しお役にたつ情報をお伝えいたします!

まずは資金計画から始めましょう

家づくりを始めるにあたって、まず最初に把握しなれけばならないのが自分たちの『資金計画』です。
お手持ちの「自己資金」に「住宅ローン」をあわせてどのくらいの予算を組めるか、また、その資金計画が無理がないか等を把握することがとても重要になります。。
「資金計画」を十分ご理解しないままマイホームを検討すると後で後悔するすることも多くなります。

当社には専属のファイナンシャルプランナーがおりますので一般的な資金計画ではなく、お客様のご家族構成やライフスタイルに合わせた
「オリジナルな資金計画のご提案」も行っておりますので、「マイホーム計画の第一歩」としてお気軽にご相談ください。
まずは家づくりにかけることのできる予算を把握してみましょう。

予算配分を計画しましょう

家づくりにかけられる予算が決まったら、「土地代金」「建築費用」「諸費用」の大きく3項目に予算を配分してみましょう。
ただその作業にかかる前に、ぜひしていただきたいことがあります。それはあなたの“価値観や優先順位”の見直しです。
ここで言う“価値観”とは、住まいづくりで最重要視する要素は何かということです。
「どのエリアに住むか」を最重要とされる方もいれば「どんな家に住みたいか」を重要視される方もいらっしゃいます。
もちろん、その「すべて」を大切にしたいというのが本音ですが、なかなかご要望をすべて取り込むのもなかなか難しいようです。
このように自分で自分の“価値観やお住まいへのご要望の優先順位を把握しておくとお金のかけるところについての判断がぶれにくくなります。

建築にかけられるお金を明確にしてみましょう

まずお聞きするのは「どれくらいの大きさの家が必要ですか?」ということです。3人家族なのか、4人家族なのか、あるいは2世帯で住まわれるかで、おおよその家の大きさが決まってくると思います。
想定された建物の大きさを 【住まいる工務店】 の標準仕様で建築する場合、建物本体工事価格に付帯工事(外構工事等)・諸費用(登記費用や火災保険など)を足された合計が建築にかかる費用となります。
土地からマイホームをご検討される方は、「資金計画」でのご総予算から、この建築費用の合計を差し引いた金額の範囲内で土地を探していけば良いことになります。
限られたご予算の中で、少しでも理想の家づくりに近づけるよう提案させていただくためにも、建築にかけれるお金をまず明確にしていきましょう。

土地の探し方

家を建てるための土地探しから始められる方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。
当社には「住まいる不動産」いわゆる不動産部門がございますので
ご希望のエリア、価格にてご紹介できる不動産物件も多数取り揃えております。※住まいる不動産 ホームページへ
当社社員全員が不動産のプロ「宅地建物取引士」の有資格者ですので、より正確で的確なご提案も可能です。 お客様がいい不動産を購入できるまず第一の秘訣は「ご希望のエリアの物件」をより多く提供してもらいことにより比較検討することです。
その過程で私達は「住まいのプロ」としてお客様が安心して「マイホーム計画」の中での「土地探し」ができるよう全力でバックアップさせて頂きます。

設計について

どんな家を建てたいのかイメージがほぼ固まり、いよいよ具体的なプランを考えようという段階になった時、重要なのは「ご要望された間取り」と「建築敷地の条件」との兼ね合いです。
たとえば南向きの土地は一般的に良いとされていますが、南が道路に面していて駐車スペースや玄関をとってしまうとリビングに光が入りにくいプランになってしまうこともあります。。
東や南向きの土地は価格も高いですから少し考え方を変えてみると、たとえ西向きで他3方が囲まれた土地であっても南側に高い建物がなければリビングに明るさを確保できる間取りが取ることもできます。
「建築敷地条件」と「ご希望のプランニング」は、密接に関係してきますので「土地探しの段階」」からお住まいのご要望としてお聞かせ下さいませ。

「資金計画」や「家づくり」については、お一人、お一人の「個性」や「こだわり」で 違ってきます。すべての「マイホーム計画」がオンリーワンだと思います。
家づくりについての不安や疑問など、まずは一度ご相談ください。
これまで培ってきた知識や経験を活かしお客様の「マイホーム計画」のお手伝いを一生懸命させていただきます。